遺留分請求に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

遺留分請求

遺留分請求

遺留分とは、遺言書で法定相続人に相続財産が無いと定められている相続人、あるいは遺言書で民法が定めている法定相続分の2分の1よりも相続財産が少ないと定められている相続人について、法定相続分の2分の1の財産は最低限相続できるものとして確保された財産です。
相続財産をどのように相続させるかは、遺言によって自由に決めることができますが、民法は、遺言の内容を最大限尊重しつつ、相続人の生活を保障するために、一定の法定相続人には所要の財産を相続できる権利を認めているのです。
遺留分を持つ者(遺留分権利者)、故人の配偶者、子供とその父母などの直系尊属のみです。故人の兄弟姉妹には、遺留分はありません。
遺留分は、民法の定める法定相続分の2分1であり、父母などの直系尊属だけが相続する場合は3分の1となります。例えば、遺留分権者が配偶者と子供2人で相続財産が1億円の場で合は、配偶者は2分の1の法定相続分があるので、その2分の1に相当する2500万円が遺留分となり、子供2名は、それぞれの法定相続分である2500万円の各2分1に相当する1250万円が遺留分となります。
遺留分権利者は、遺留分を侵害している相続人に対して遺留分を請求できます。これを遺留分減殺請求といいますが、この請求権は、相続開始、または遺留分が侵害されていると知った日から1年以内に行なわないと権利がなくなります。また、相続開始から10年を経過したときも、遺留分減殺請求権は消滅します。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 親権

    未成年の子供のいる夫婦が離婚するとき、子供の親権者を夫婦のどちらか一方に決める必要が...
  • 相続順位

    相続人となる法定の順序。
  • 交通事故の示談金請求

    本格的な示談交渉は、症状固定後に開始しますが、慰謝料や休業したことによる損害額の請求...
  • 相続人の不存在

    相続人がいないこと。
  • 相続財産の破産

    相続時に、その積極財産では相続債権者や受遺者に対する債務を完済することができないとき...
  • 慰謝料

    慰謝料とは、交通事故で被害者が負った精神的・肉体的な苦痛に対する補償等のこと。
  • 相続税

    相続又は遺贈(死因贈与を含む)により財産を取得した個人につき、その取得した財産に対し...
  • 相続分

    共同相続において各共同相続人が有する共同相続財産に対する分け前(民八九九~九〇五)。
  • 認知

    婚姻外で生まれた子を自分の子であると認める意思表示のこと。 生前だけでなく、死後でも...
遺留分請求のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)