東京都、千代田区の相続法の改正で何が変わったかをはじめとした遺言に関する手続き、お悩みは田中晴雄法律事務所 にご相談ください。

田中晴雄法律事務所

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

遺言に関する基礎知識記事や事例

相続法の改正で何が変わったかをはじめとした遺言の法律相談に関連する知識、お手続きについて御紹介します。東京都、千代田区の相続法の改正で何が変わったかをはじめとした遺言に関するご相談をお受けしております。

遺言に関する基礎知識記事や事例

相続法の改正で何が変わったか

相続法の改正で何が変わったか 相続法は1980年に改正されて以降、大きな改正等は行われてきませんでしたが、近年の社会環境や高齢化社会の進む現代社会に適切に対処できるように大きな改正が行われました。

特定受遺者

特定受遺者 受遺者とは遺言により、財産を分与された人をいう。 包括受遺者とは、「財産の1/2」というように、割合として財産分与を受ける人の事をいい、相続人と同じ権利義務を担う。

特別受益

特別受益 被相続人の生前に多額の経済的援助を受けた相続人がいる場合、その受けた利益のことを「特別受益」といいます。

遺言自由の原則

遺言自由の原則 遺言によって自由に死後の法律関係を決めることができるとする原則。私有財産制の下での生前における所有財産の処分の自由を、遺言による死後処分の自由にまで及ぼしたもの。我が国では遺留分制度によって制限を受けている。

遺言能力

遺言能力 遺言を単独で有効に行うことができる法律上の地位あるいは資格。

受遺者

受遺者 遺言により遺贈を受ける者として指定された者(民九六四・九六五)。遺産の全部又は一定割合の遺贈を受ける包括受遺者と、遺産中の特定財産の遺贈を受ける特定受遺者とがある。

相続人の廃除

相続人の廃除 遺留分を有する推定相続人の相続権を奪う制度(民八九二以下)。

遺産分割協議

遺産分割協議 遺産分割協議とは、「相続財産をどのように分けるか」を相続人全員で話し合って合意することです。

遺留分請求

遺留分請求 遺留分とは、遺言書で法定相続人に相続財産が無いと定められている相続人、あるいは遺言書で民法が定めている法定相続分の2分の1よりも相続財産が少ないと定められている相続人について、法定相続分の2分の1の財産は最低限相続できるものとして確保された財産です。

遺書

遺書 一般には、死に臨んでの家族、子孫等に対する希望、訓戒、死後における財産上・身分上の取扱い又は感想などを書き残した書面をいう。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 代襲相続

    推定相続人である子又は兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、又は相続欠格若しくは...
  • 戸籍

    戸籍は、日本国民の身分関係を登録し、公に証明する公簿をいう(戸籍に記録されている人は...
  • 特別縁故者

    被相続人と生計を共にしていた者、療養看護に努めた者など、被相続人と特別の縁故があった...
  • 運行供有者

    運行供有者とは、一般には、その自動車についての運行支配をし、かつ、その自動車の運行に...
  • 荒川区の交通事故相談は田中晴雄法律事務所へお任せください

    日本で交通事故の被害に遭い、負傷される方は、約1分に1人の割合で存在しているといわれ...
  • 公証人

    法務大臣が任命する公務員。 職務内容は、公正証書の作成、私署証書や会社等の定款に対す...
  • 相続

    人の死亡によってその財産上の権利義務を他の者が包括的に承継すること。民法旧規定では家...
  • 被相続人

    相続される人。相続される財産、権利の元の所有者のこと。(亡くなった方のこと)
  • 相続財産管理人

    相続財産法人の財産管理人。相続人の存在が不明なとき相続財産は法人となるが、この場合に...
相続法の改正で何が変わったかをはじめとした遺言の法律相談に関連する知識、手続きについてご紹介しています。相続法の改正で何が変わったかをはじめとした遺言の法律相談に関連する知識、手続きについて紹介するサイトです。
相続法の改正で何が変わったかをはじめとした遺言の相談、手続は田中晴雄法律事務所にお任せ下さい。