交通事故の示談金請求に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

交通事故の示談金請求

交通事故の示談金請求

交通事故で負傷した場合、入通院が必要になり、休業をしなければならなくなることもあります。治療費や通院のための交通費、会社を休むことによる収入減など、被害者の金額的な負担は徐々に大きくなります。そのため、示談交渉をどのタイミングで開始すれば良いのか、被害者が不安になることも多いと思われます。
本格的な示談金請求(損害賠償請求)は、これ以上の治療をしても怪我の症状の回復が見込めない状態(症状固定)と判断されてから開始することが一般的です。ただし、治療が長引き、金額的な費用負担が大きくなれば、支払済みの費用の内の一定額は、多くの場合、加害者側の保険会社が支払ってくれます。
本格的な示談交渉は、症状固定後に開始しますが、慰謝料や休業したことによる損害額の請求の他、後遺症が存在する場合には、後遺症による将来の逸失利益の請求を行います。
ただし、加害者側の保険会社から提示された示談金の額が不満であったり、示談交渉をすること自体が煩わしいと感じる場合は、同種事案を担当した経験のある弁護士に相談することが適切です。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 相続人の廃除

    遺留分を有する推定相続人の相続権を奪う制度(民八九二以下)。
  • 相続人の債権者

    相続人の固有の債権者。相続人が限定承認をすることができる間又は相続財産が相続人の固有...
  • 積極損害・消極損害

    交通事故の被害者が被った物的損害は、積極損害と消極損害の2つに分けられる。
  • 不倫相手への慰謝料請求

    夫婦の一方の不貞行為(浮気、不倫)が原因で離婚する場合、不貞行為をしていない夫婦の一...
  • 交通事故の示談金請求

    本格的な示談交渉は、症状固定後に開始しますが、慰謝料や休業したことによる損害額の請求...
  • 相続財産管理人

    相続財産法人の財産管理人。相続人の存在が不明なとき相続財産は法人となるが、この場合に...
  • 後遺症認定

    後遺症が残るような大きな交通事故に遭った場合、被害者の将来の人生設計が大きく変わるこ...
  • 共同不法行為

    共同不法行為とは、2台以上の車両が関与する事故により第三者に損害を与えた場合、各車両...
  • 戸籍

    戸籍は、日本国民の身分関係を登録し、公に証明する公簿をいう(戸籍に記録されている人は...
交通事故の示談金請求のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)