後遺症認定に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

後遺症認定

後遺症認定

後遺症が残るような大きな交通事故に遭った場合、被害者の将来の人生設計が大きく変わることは避けられません。家族があれば、家族の生活にも大きな影響がありますので、このような場合には、出来るだけ多く損害賠償金を得る必要があります。
後遺症が残る場合、将来得られるべき収入を失ったとして逸失利益と、後遺症が残ったことによる精神的苦痛に対する慰謝料が、損害賠償金として認められます。そして、逸失利益や慰謝料の額を決める上で、後遺症の等級認定はとても重要です。等級認定が適正になされないと、後遺症の症状が同じであっても損害賠償の金額は大きく変わります。
そのため、被害者の生活再建にとって、後遺症の等級認定を適切に行うことが極めて大きな意味を持ちますが、それには専門家の力を借りることが不可欠です。被害者に後遺症が残る可能性がある事故においては、適正な後遺症の等級認定を踏まえた適切な金額の損害賠償金を確保するため、早期に専門家に相談することがとりわけ重要です。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 相続欠格

    本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたため法律上当然に相続資格を失うこと。相続...
  • 遺産分割

    相続財産が共同相続人の共有となっている場合に、これを各相続人の相続分に応じて分割し、...
  • 相続財産の破産

    相続時に、その積極財産では相続債権者や受遺者に対する債務を完済することができないとき...
  • 代襲相続

    推定相続人である子又は兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、又は相続欠格若しくは...
  • 交通事故の示談金請求

    本格的な示談交渉は、症状固定後に開始しますが、慰謝料や休業したことによる損害額の請求...
  • 特別受益

    被相続人の生前に多額の経済的援助を受けた相続人がいる場合、その受けた利益のことを「特...
  • 遺書

    一般には、死に臨んでの家族、子孫等に対する希望、訓戒、死後における財産上・身分上の取...
  • 特別縁故者

    被相続人と生計を共にしていた者、療養看護に努めた者など、被相続人と特別の縁故があった...
  • 単純承認

    相続人が、被相続人の権利義務一切を承継すること。下記の場合は、相続人が単純承認したも...
後遺症認定のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)