過失相殺に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

過失相殺

過失相殺

交通事故が起きた場合、事故原因が一方の当事者に100%あるというケースは少なく、過失の程度は異なりますが、当事者の双方に何らかの原因があることが一般的です。そのため、例えば、A、Bの過失割合が7対3の場合、Aの物損の損害が100万円であると仮定すると、その過失分が7割が100万円から相殺されて30万円の賠償金しか得られず、逆にBの損害額が200万円だと仮定すると、その過失分3割が相殺されてBが補償される賠償金は140万円となります。これが過失相殺です。
 過失相殺の基準は、過去の裁判例の積み重ねによりある程度はパターン化されています。しかし、交通事故は1件ごとに微妙に異なった条件で起こるため、すべての事故についてパターン化された基準どおりに過失割合の程度が決まるものではなく、過失割合に関して争うになることはまれではありません。例えば、同じ交差点内の衝突でも、衝突時のスピードの違い、一時停止の有無、信号の状態などについて当事者の主張が異なっていたり、その評価について意見が分かれると、過失相殺の割合を巡って争いとなる場合があります。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 遺産の共有

    共同相続の場合において、被相続人の死後、遺産分割までの間における相続人(包括受遺者を...
  • 遺言書の作成

    自らの思いどおりに遺産を分配するためには、遺言書を作成することが必要です。そして、遺...
  • 認知

    婚姻外で生まれた子を自分の子であると認める意思表示のこと。 生前だけでなく、死後でも...
  • 積極損害・消極損害

    交通事故の被害者が被った物的損害は、積極損害と消極損害の2つに分けられる。
  • 慰謝料

    慰謝料とは、交通事故で被害者が負った精神的・肉体的な苦痛に対する補償等のこと。
  • 過失割合

    過失割合は、「責任割合」とも呼ばれ、自動車同士の衝突など相手がある事故の場合における...
  • 相続財産

    相続によって相続人に承継される財産の総称。遺産ともいう。被相続人の持っていた積極財産...
  • 相続権

    相続人が相続財産についてもつ権利であるが、相続開始の前後で内容が異なる。相続開始前の...
  • 交通事故発生から示談金交渉までの流れ

    日本において交通事故による負傷者は、1分間に1人といわれており、交通事故はとても他人...
過失相殺のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)