養育費に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

養育費

養育費

未成年の子供がいる夫婦が離婚した場合、親権を持たない親は、子供の養育費の支払義務を負います。子供が成人するまで、あるいは協議により4年制大学を卒業するまで養育費を負担しなければなりません。離婚しても子供の親であることに変わりはなく、子供を扶養する義務があるからです。
 養育費の金額は、夫婦の収入、子供の数・年齢などを総合的に判断して決定されますが、家庭裁判所の実務では、「養育費算定表」が広く用いられます。各家庭の生活状況は様々ですので、「養育費算定表」は一定の幅をもった金額が目安として示されており、最終的には、これを参考にして具体的な事情を勘案して養育費の金額が決められます。
 また、一旦決まった養育費でも、年月が経過するなかで事情の変化があれば、養育費の額や期間の延長などの変更が可能です。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 生前贈与

    生前贈与とは、被相続人が生前に自分の財産を「推定相続人・第三者」に譲渡することで、資...
  • 相続の放棄

    相続開始後に相続人がする相続拒否の意思表示。
  • 相続分

    共同相続において各共同相続人が有する共同相続財産に対する分け前(民八九九~九〇五)。
  • 遺言自由の原則

    遺言によって自由に死後の法律関係を決めることができるとする原則。私有財産制の下での生...
  • 遺言書の作成

    自らの思いどおりに遺産を分配するためには、遺言書を作成することが必要です。そして、遺...
  • 荒川区の交通事故相談は田中晴雄法律事務所へお任せください

    日本で交通事故の被害に遭い、負傷される方は、約1分に1人の割合で存在しているといわれ...
  • 特別縁故者

    被相続人と生計を共にしていた者、療養看護に努めた者など、被相続人と特別の縁故があった...
  • 相続放棄

    相続財産には、不動産や銀行預金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産...
  • 遺言

    一定の方式に従った遺言者の死後の法律関係を定める最終意思の表示(民五編七章)。
養育費のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)