東京都、千代田区の遺言能力をはじめとした遺言に関する手続き、お悩みは田中晴雄法律事務所 にご相談ください。

田中晴雄法律事務所

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

遺言に関する基礎知識記事や事例

遺言能力をはじめとした遺言の法律相談に関連する知識、お手続きについて御紹介します。東京都、千代田区の遺言能力をはじめとした遺言に関するご相談をお受けしております。

遺言に関する基礎知識記事や事例

遺言能力

遺言能力 遺言を単独で有効に行うことができる法律上の地位あるいは資格。

遺書

遺書 一般には、死に臨んでの家族、子孫等に対する希望、訓戒、死後における財産上・身分上の取扱い又は感想などを書き残した書面をいう。

相続欠格

相続欠格 本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたため法律上当然に相続資格を失うこと。相続欠格者として、①被相続人や先順位・同順位の相続人を殺したり...

遺留分侵害額請求

遺留分侵害額請求 遺留分とは、遺言書で法定相続人に相続財産が無いと定められている相続人、あるいは遺言書で民法が定めている法定相続分の2分の1よりも相続財産が少な...

遺言証書

遺言証書 法定の方式に従って遺言を記載した書面。遺言は被相続人の自由な最終意思を確保するための制度である。

相続法の改正で何が変わったか

相続法の改正で何が変わったか 相続法は1980年に改正されて以降、大きな改正等は行われてきませんでしたが、近年の社会環境や高齢化社会の進む現代社会に適切に対処できるように大...

遺言書の作成

遺言書の作成 自らの思いどおりに遺産を分配するためには、遺言書を作成することが必要です。そして、遺言書の作成には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺...

遺言自由の原則

遺言自由の原則 遺言によって自由に死後の法律関係を決めることができるとする原則。私有財産制の下での生前における所有財産の処分の自由を、遺言による死後処分の自由...

相続人の廃除

相続人の廃除 遺留分を有する推定相続人の相続権を奪う制度(民八九二以下)。

遺言

遺言 一定の方式に従った遺言者の死後の法律関係を定める最終意思の表示(民五編七章)。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 代襲相続

    推定相続人である子又は兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、又は相続欠格若しくは...
  • 大田区の交通事故は田中晴雄法律事務所へお任せください

    「人生で初めて交通事故の被害に遭ってしまった。後遺症などはないが、慰謝料は請求できる...
  • 遺産の共有

    共同相続の場合において、被相続人の死後、遺産分割までの間における相続人(包括受遺者を...
  • 遺言自由の原則

    遺言によって自由に死後の法律関係を決めることができるとする原則。私有財産制の下での生...
  • 過失相殺

    交通事故が起きた場合、事故原因が一方の当事者に100%あるというケースは少なく、過失...
  • 相続の放棄

    相続開始後に相続人がする相続拒否の意思表示。
  • 遺言

    一定の方式に従った遺言者の死後の法律関係を定める最終意思の表示(民五編七章)。
  • 相続欠格

    本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたため法律上当然に相続資格を失うこと。相続...
  • 相続債務

    相続人が被相続人から相続した債務。相続放棄又は限定承認をしない限り、相続人がそれを弁...
遺言能力をはじめとした遺言の法律相談に関連する知識、手続きについてご紹介しています。遺言能力をはじめとした遺言の法律相談に関連する知識、手続きについて紹介するサイトです。
遺言能力をはじめとした遺言の相談、手続は田中晴雄法律事務所にお任せ下さい。