相続欠格に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

相続欠格

相続欠格

本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたため法律上当然に相続資格を失うこと。相続欠格者として、①被相続人や先順位・同順位の相続人を殺したり、殺そうとしたりして処刑された者、②詐欺、強迫によって遺言をさせたり、遺言を妨げたりした者、③遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿した者などが法定されている(民八九一)。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 相続人の廃除

    遺留分を有する推定相続人の相続権を奪う制度(民八九二以下)。
  • 相続欠格

    本来ならば相続人となる者が、不正な行為をしたため法律上当然に相続資格を失うこと。相続...
  • 負担付贈与

    贈与契約の中で、受贈者にもなんらかの債務を負担させる契約をすることがあります。 例え...
  • 任意保険

    任意保険は、自賠責保険で補償されない物損事故、また自賠責保険金額を超える損害賠償部分...
  • 相続人の債権者

    相続人の固有の債権者。相続人が限定承認をすることができる間又は相続財産が相続人の固有...
  • 積極損害・消極損害

    交通事故の被害者が被った物的損害は、積極損害と消極損害の2つに分けられる。
  • 遺言書の作成

    自らの思いどおりに遺産を分配するためには、遺言書を作成することが必要です。そして、遺...
  • 遺産分割

    相続財産が共同相続人の共有となっている場合に、これを各相続人の相続分に応じて分割し、...
  • 内縁

    婚姻の意思を持ち、共同生活を営んでいるが、婚姻の届出をしていない事実上の夫婦関係のこと。
相続欠格のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)