荒川区の交通事故相談は田中晴雄法律事務所へお任せくださいに関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

荒川区の交通事故相談は田中晴雄法律事務所へお任せください

荒川区の交通事故相談は田中晴雄法律事務所へお任せください

日本で交通事故の被害に遭い、負傷される方は、約1分に1人の割合で存在しているといわれています。
特に最近は、高齢化にともない増加した高齢ドライバーによる暴走事故や、速度を出しすぎた自転車と歩行者の接触による死亡事故などが多発しており、たびたびニュースでもとりあげられています。

■交通事故から身を守るためには
交通事故を未然に回避するためには、常日頃から交通ルールを守ることが重要です。
自動運転技術の発展も日進月歩ですから、そうした最新の安全技術が搭載された自動車を購入することも良い案でしょう。
しかし、そうした予防策を打っていたとしても道路を走行する限り巻き込まれてしまう可能性がいなめないのが交通事故なのです。
そのため、交通事故の被害に遭ったあとの対応が、日常生活をもう一度スタートさせるにあたり重要な意味をもちます。

■交通事故の損害賠償問題
交通事故における問題の多くは、損害賠償問題です。
ご自身の怪我の治療にかかる入院費や通院費はもちろん、自動車の修理費用や仕事を休んでいる際の休業損害など、交通事故の被害は身心にとどまらず、経済的にも被害者にダメージを与えます。
身体的な被害と比較して軽視されがちな経済的な被害ですが、事故による怪我から回復し、社会復帰を果たすまでには、多額の損害があるのです。
また、精神的な被害についても看過できません。
突然交通事故に遭い、怪我をし、その治療のために病院に通わなければならない。仕事も余暇もままならない状況は、非常に強いストレスとなります。
こうしたストレスを軽減するために支払ってもらえるお金が、いわゆる慰謝料とよばれるものです。
このように、交通事故では、多岐にわたる損害について、相手に賠償してもらう必要があるのです。

■損害賠償問題については、弁護士へご相談を
交通事故の損害賠償問題の9割が、示談交渉により解決しているといわれています。
示談交渉とは、被害者側と加害者側が、裁判所など第三者機関を交えない交渉により損害賠償問題の解決を図る方法をさします。
示談交渉の多くが任意保険会社の担当者により行われていますが、保険会社による示談交渉が必ずしも被害者にとって最善の解決策とは言えないこともあります。損害賠償問題においては、法律と交渉のプロフェッショナルである弁護士のサポートを得ることが大きなメリットとなるのです。

田中晴雄法律事務所は、東京都千代田区を中心として、台東区、文京区、新宿区、渋谷区、港区、荒川区など東京都全域で広く活動しております。
交通事故の損害賠償問題でお悩みの方は、田中晴雄法律事務所までお気軽にご相談ください。
「相手に提示された示談金が妥当かどうか知りたい」「後遺障害による逸失利益について、相手に損害賠償請求したい」など、どのような小さなお悩みでも構いません。交通事故に精通した弁護士が、ご相談者様に最適な解決策をご提案させていただきます。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 相続法の改正で何が変わったか

    相続法は1980年に改正されて以降、大きな改正等は行われてきませんでしたが、近年の社...
  • 積極損害・消極損害

    交通事故の被害者が被った物的損害は、積極損害と消極損害の2つに分けられる。
  • 任意後見制度

    将来自己の判断能力が不十分な状況になったときのために、本人の生活、療養看護、財産管理...
  • 相続権

    相続人が相続財産についてもつ権利であるが、相続開始の前後で内容が異なる。相続開始前の...
  • 生前贈与

    生前贈与とは、被相続人が生前に自分の財産を「推定相続人・第三者」に譲渡することで、資...
  • 寄与分とは

    寄与分とは、被相続人の財産の維持または増加について特別の貢献をした人に、その貢献に応...
  • 非摘出子

    法律上の婚姻関係にない男女間において生まれた子のこと。嫡出子の2分の1の法定相続分を...
  • 代襲相続

    推定相続人である子又は兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、又は相続欠格若しくは...
  • 親権

    未成年の子供のいる夫婦が離婚するとき、子供の親権者を夫婦のどちらか一方に決める必要が...
荒川区の交通事故相談は田中晴雄法律事務所へお任せくださいのご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)