単純承認に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

単純承認

単純承認

相続人が、被相続人の権利義務一切を承継すること。下記の場合は、相続人が単純承認したものとみなされ、限定承認や相続放棄ができなくなる。
1.相続人が相続財産の全部、または一部を処分したとき
2.相続人が相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に限定承認または相続放棄をしなかったとき。
3.相続人が限定承認または相続放棄後に、相続財産の全部または一部を隠匿し、ひそかに消費し、または悪意で財産目録中に記載しなかったとき。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 特別縁故者

    被相続人と生計を共にしていた者、療養看護に努めた者など、被相続人と特別の縁故があった...
  • 単純承認

    相続人が、被相続人の権利義務一切を承継すること。下記の場合は、相続人が単純承認したも...
  • 運行供有者

    運行供有者とは、一般には、その自動車についての運行支配をし、かつ、その自動車の運行に...
  • 成年後見制度

    知的障害者・精神障害者といった判断能力の不十分な人を支援・保護するために作られた制度...
  • 相続放棄

    相続財産には、不動産や銀行預金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産...
  • 特別受益

    被相続人の生前に多額の経済的援助を受けた相続人がいる場合、その受けた利益のことを「特...
  • 逸失利益

    逸免利益とは、労働能力の喪失自体、もしくは労働能力の喪失による将来発生するであろう収...
  • 被相続人

    相続される人。相続される財産、権利の元の所有者のこと。(亡くなった方のこと)
  • 不倫相手への慰謝料請求

    夫婦の一方の不貞行為(浮気、不倫)が原因で離婚する場合、不貞行為をしていない夫婦の一...
単純承認のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)