単純承認に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

単純承認

単純承認

相続人が、被相続人の権利義務一切を承継すること。下記の場合は、相続人が単純承認したものとみなされ、限定承認や相続放棄ができなくなる。
1.相続人が相続財産の全部、または一部を処分したとき
2.相続人が相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に限定承認または相続放棄をしなかったとき。
3.相続人が限定承認または相続放棄後に、相続財産の全部または一部を隠匿し、ひそかに消費し、または悪意で財産目録中に記載しなかったとき。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 相続財産

    相続によって相続人に承継される財産の総称。遺産ともいう。被相続人の持っていた積極財産...
  • 単純承認

    相続人が、被相続人の権利義務一切を承継すること。下記の場合は、相続人が単純承認したも...
  • 戸籍

    戸籍は、日本国民の身分関係を登録し、公に証明する公簿をいう(戸籍に記録されている人は...
  • 遺書

    一般には、死に臨んでの家族、子孫等に対する希望、訓戒、死後における財産上・身分上の取...
  • 限定承認

    相続人が、相続によって得た財産のみで被相続人の負っていた債務や遺贈を支払うことを条件...
  • 遺言自由の原則

    遺言によって自由に死後の法律関係を決めることができるとする原則。私有財産制の下での生...
  • 遺言証書

    法定の方式に従って遺言を記載した書面。遺言は被相続人の自由な最終意思を確保するための...
  • 相続法

    実質的意味の相続法は、相続に関する法律関係を規制する法規全体を指す。形式的意味の相続...
  • 特別受益

    被相続人の生前に多額の経済的援助を受けた相続人がいる場合、その受けた利益のことを「特...
単純承認のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)