相続の承認に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

相続の承認

相続の承認

相続開始後に相続人がする相続受諾の意思表示(民九一五以下)。相続開始によって相続財産は一応当然に相続人に帰属するが、相続財産が債務超過のときなどを考慮して、相続人に相続を受諾するかどうかを選択させることとしている。無限定に被相続人の権利義務を承継する単純承認と、相続によって得た財産を限度とする有限責任を負うにとどまる限定承認の二種がある。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 遺言自由の原則

    遺言によって自由に死後の法律関係を決めることができるとする原則。私有財産制の下での生...
  • 相続人の廃除

    遺留分を有する推定相続人の相続権を奪う制度(民八九二以下)。
  • 特別受益

    共同相続人の中の特定の相続人が、被相続人から受けた遺贈、または婚姻、養子縁組、生計の...
  • 限定承認

    相続人が、相続によって得た財産のみで被相続人の負っていた債務や遺贈を支払うことを条件...
  • 共同不法行為

    共同不法行為とは、2台以上の車両が関与する事故により第三者に損害を与えた場合、各車両...
  • 積極損害・消極損害

    交通事故の被害者が被った物的損害は、積極損害と消極損害の2つに分けられる。
  • 相続

    人の死亡によってその財産上の権利義務を他の者が包括的に承継すること。民法旧規定では家...
  • 寄与分とは

    寄与分とは、被相続人の財産の維持または増加について特別の貢献をした人に、その貢献に応...
  • 相続の承認

    相続開始後に相続人がする相続受諾の意思表示(民九一五以下)。
相続の承認のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)