相続放棄に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

相続放棄

相続放棄

相続財産には、不動産や銀行預金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。そして、相続人は、相続開始を知った日から原則として3か月以内に、「単純承認」「相続放棄」「限定承認」のいずれかを選択することが必要です。
「単純承認」をする場合は、プラスの財産だけを承継するという選択はできず、マイナスの財産も必ず相続しなければなりません。その場合、マイナスの財産がプラスの財産を上回るときは、相続人にとってメリットがないことから、慎重な検討が必要です。
「相続放棄」とは、相続する権利を放棄することです。相続財産の調査・評価について検討した結果、マイナス財産がプラスの財産を上回り、単純承認人することが相続人にとってメリットがないと判断されるときは、家庭裁判所において、相続放棄の手続をすることが適切です。
「限定承認」とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続する方法ですが、この限定承認は、相続人全員が1緒に行わないと認められません。
単純承認、相続放棄、限定承認のいずれを選択するかは、相続財産の調査を十分に行ってから決断することが適切です。相続開始から3カ月という熟慮期間は、葬儀・法要などの対応で慌ただしい時期に行わなければならず、すぐに経過してしまいます。
当事務所は、相続人の確定、相続財産の調査・評価などを関連する他の士業と連携して迅速・的確に行います。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 親権

    未成年の子供のいる夫婦が離婚するとき、子供の親権者を夫婦のどちらか一方に決める必要が...
  • 積極損害・消極損害

    交通事故の被害者が被った物的損害は、積極損害と消極損害の2つに分けられる。
  • 運行供有者

    運行供有者とは、一般には、その自動車についての運行支配をし、かつ、その自動車の運行に...
  • 遺産分割

    相続財産が共同相続人の共有となっている場合に、これを各相続人の相続分に応じて分割し、...
  • 限定承認

    相続人が、相続によって得た財産のみで被相続人の負っていた債務や遺贈を支払うことを条件...
  • 遺留分減殺請求権

    遺留分侵害額請求権とは、遺留分権利者は、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び相...
  • 認知

    婚姻外で生まれた子を自分の子であると認める意思表示のこと。 生前だけでなく、死後でも...
  • 成年後見制度

    知的障害者・精神障害者といった判断能力の不十分な人を支援・保護するために作られた制度...
  • 相続分

    共同相続において各共同相続人が有する共同相続財産に対する分け前(民八九九~九〇五)。
相続放棄のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)