相続債務に関するご相談は田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)。

03-3264-3312

受付時間 9:30~18:00

※お気軽にお電話下さい。

お問い合わせ

相続債務

相続債務

相続人が被相続人から相続した債務。相続放棄又は限定承認をしない限り、相続人がそれを弁済する責任を負う。なお、相続債務が可分の場合、判例は、当然に各共同相続人の相続分に応じて分割されるとする(大決昭5・12・4)。

田中晴雄法律事務所に寄せられるご質問の多い法律用語

  • 大田区の交通事故は田中晴雄法律事務所へお任せください

    「人生で初めて交通事故の被害に遭ってしまった。後遺症などはないが、慰謝料は請求できる...
  • 任意後見制度

    将来自己の判断能力が不十分な状況になったときのために、本人の生活、療養看護、財産管理...
  • 離婚 慰謝料

    離婚の慰謝料とは、不倫などの有責行為で離婚の原因を作った側が、精神的苦痛を与えた配偶...
  • 公証人

    法務大臣が任命する公務員。 職務内容は、公正証書の作成、私署証書や会社等の定款に対す...
  • 遺産の共有

    共同相続の場合において、被相続人の死後、遺産分割までの間における相続人(包括受遺者を...
  • 遺言能力

    遺言を単独で有効に行うことができる法律上の地位あるいは資格。
  • 寄与分とは

    寄与分とは、被相続人の財産の維持または増加について特別の貢献をした人に、その貢献に応...
  • 相続人の債権者

    相続人の固有の債権者。相続人が限定承認をすることができる間又は相続財産が相続人の固有...
  • 遺産分割協議

    遺産分割協議とは、「相続財産をどのように分けるか」を相続人全員で話し合って合意するこ...
相続債務のご相談はお任せください。|田中晴雄法律事務所(東京都/千代田区)